REACH高懸念物質の分析|電子機器におけるROHS分析「規定内の数値を目指せ!」
パソコン

ROHS分析とREACH高懸念物質分析

気になる専門用語

  • ROHS(ローズ、ロハス。特定有害物質の使用制限における指令。)
  • REACH(リーチ。化学物質とその用途法に関する法律。)

分析前には見積もり可能

ROHS分析を依頼するときには事前見積もりが可能である。素材のみか、成形品であるかだけでも見積もり額は大きく変動する。コスパを考えるならば成形品での分析がおすすめだ。素材のみと比べて嬉しいほどコスパに優れている。

REACH高懸念物質の分析

実験道具

2007年に誕生

REACHは化学物質規制法の一つで、実質的に規制スタートされたのは2008年である。身に危険をもたらす特定有害物質の含有量を規制するROHS指令と共に、人々の安全を守る為の法律なのだ。欧州連合へ製品を出荷する企業は、あらかじめ届け出範囲内の化学物質において、高い安全性があることを証明しなくてはならない。

安全性の証明

年間の輸入量が1トンを超えるときにはREACH高懸念物質分析が必要になる。安全性を証明する為にそこに費用を掛けざる得ない。その分析に必要になるのは素材そのものに限らず、成形品でも可能としている為、分析のタイミングは企業に任されている。分析には170を超える項目があり、平均として7~10営業日以内では分析結果が出されるだろう。

企業が知りたい、ROHS指令による必要事項

レディ

規制六物質を知ろう

実際にROHS指令に制限が掛けられている物質を知っているだろうか。その代表的なものは「規制六物質」と呼ばれ、出荷前にはそれぞれの既定値を知っておく必要がある。

READ MORE
科学

分析法の種類

ROHS分析を行なうなら、製品によって分析法も適したものを選ぶといいだろう。簡易分析やめっき膜分析などあらゆる分析法があり、種類によって料金が変わる。一度の分析でみてもらえる物質は、さていくつあるだろうか。

READ MORE
実験道具

REACH高懸念物質の分析

指令とはまた違う、欧州連合で誕生した法律がある。その法律を看守する為にはREACH高懸念物質分析が欠かせないだろう。その分析におけるチェック項目は多く、全てをクリアすることはかなりのものだ。

READ MORE
研究

選ぶべきは認定機関

安心安全の結果を求めるなら認定機関を選ぶことだ。手にする報告書は、各企業が製品の安全性を証明できるものであり、利益向上へ導く導線にもなりえる。

READ MORE
広告募集中