選ぶべきは認定機関|電子機器におけるROHS分析「規定内の数値を目指せ!」
パソコン

依頼を実行、ROHS分析結果を残す依頼書・報告書

選ぶべきは認定機関

研究

注文書の入力

ROHS分析の依頼先が決まったら注文書の入力から始めよう。注文書は、業者の公式ホームページからダウンロード可能である。それは品番・メインの物質、何項目の分析を行なうか選択できる形式になっている。さらに、分析後に制作される報告書の形式を日本語、または英語のどちらかにできるので、必要に応じてオプションを選ぼう。

報告書の納品

分析が完了すると、先にメールにて分析結果が送られてくる。そして同一の内容が報告書にまとめられるのだ。報告書は日本語、英語のどちらかを選択でき、企業によって要望は異なるだろう。分析を行なう業者の多くがPDFファイルをメールで添付する形式をとっているが、必要とあらば別途料金で紙ベースにすることも可能だ。

報告書に記載される項目

届けられる報告書には下記の項目が記載される。
・企業名
・受領日、分析日
・分析方法、結果
・分析フロー
ここまでの結果を求める為に、必要となる素材量は数グラムと少なく、ROHS分析に踏み込むのは至って簡単で行ないやすいものだ。

企業が知りたい、ROHS指令による必要事項

レディ

規制六物質を知ろう

実際にROHS指令に制限が掛けられている物質を知っているだろうか。その代表的なものは「規制六物質」と呼ばれ、出荷前にはそれぞれの既定値を知っておく必要がある。

READ MORE
科学

分析法の種類

ROHS分析を行なうなら、製品によって分析法も適したものを選ぶといいだろう。簡易分析やめっき膜分析などあらゆる分析法があり、種類によって料金が変わる。一度の分析でみてもらえる物質は、さていくつあるだろうか。

READ MORE
実験道具

REACH高懸念物質の分析

指令とはまた違う、欧州連合で誕生した法律がある。その法律を看守する為にはREACH高懸念物質分析が欠かせないだろう。その分析におけるチェック項目は多く、全てをクリアすることはかなりのものだ。

READ MORE
研究

選ぶべきは認定機関

安心安全の結果を求めるなら認定機関を選ぶことだ。手にする報告書は、各企業が製品の安全性を証明できるものであり、利益向上へ導く導線にもなりえる。

READ MORE
広告募集中