分析法の種類|電子機器におけるROHS分析「規定内の数値を目指せ!」
パソコン

選べるROHS分析、コスパにも嬉しい簡易分析

分析法の種類

科学

細かな分析結果

簡易分析と銘打たれていても分析はきちんと細かに行なわれる。報告書が届けられるまでの納期は早く、手早く含有量の状況を把握するには最適だと言えるだろう。一種類でなく、複数の物質をまとめて行なわれることが多く、5~8の物質で1万円を切ることもある。

成形品も分析対象

分析を行なう対象には成形品も含まれている。多少料金は高くなる為、金額については一概に言えないものである。分析する上で素材となるサンプルや材質量が少ないときには再度追加する必要があり、納期が遅れる要因となるだろう。依頼時にはあらかじめ必要量を確認しておきたいところだ。

重要な実績

これまで幾多の企業から分析依頼を受けてきたところの中には数百を超えた実績をもつ。最高品質を証明するならば、ROHS分析を依頼する先も慎重に選びたいものである。2003年から施行されたROHS指令において、製品出荷をスムーズに行なう為にもたやすくスルーできない工程なのだ。

臨機応変に応じる分析委託サービス

ROHS分析を行なうところでは、委託という形をもって依頼に対応している。分析後の報告書制作ではISO取得していることが不可欠で、その取得によって高品質のシステム整備体制が期待できるだろう。また、分析中に生じた特定不明の物質に関しても絞込することが可能だというクオリティである。

企業が知りたい、ROHS指令による必要事項

レディ

規制六物質を知ろう

実際にROHS指令に制限が掛けられている物質を知っているだろうか。その代表的なものは「規制六物質」と呼ばれ、出荷前にはそれぞれの既定値を知っておく必要がある。

READ MORE
科学

分析法の種類

ROHS分析を行なうなら、製品によって分析法も適したものを選ぶといいだろう。簡易分析やめっき膜分析などあらゆる分析法があり、種類によって料金が変わる。一度の分析でみてもらえる物質は、さていくつあるだろうか。

READ MORE
実験道具

REACH高懸念物質の分析

指令とはまた違う、欧州連合で誕生した法律がある。その法律を看守する為にはREACH高懸念物質分析が欠かせないだろう。その分析におけるチェック項目は多く、全てをクリアすることはかなりのものだ。

READ MORE
研究

選ぶべきは認定機関

安心安全の結果を求めるなら認定機関を選ぶことだ。手にする報告書は、各企業が製品の安全性を証明できるものであり、利益向上へ導く導線にもなりえる。

READ MORE
広告募集中